フレデリクトンの都市情報 -ニュー・ブランズウィック州

季節により彩を変えるフレデリクトンの街並み

1812年の英米戦争の舞台となった街で、軍服姿の衛兵たちと共に行進する。メインストリートにある家族連れにも優しいレストランで地ビールを片手に勝利を祝う。フレデリクトンは、そんな楽しみ方が似合いそうな歴史ある街。ギャリソン歴史地区を自由に散歩してみたり、シティ・ツアーに参加したりするのもおすすめです。さらに、ここは多彩な人々が集い、豊富な観光スポットやアクティビティに恵まれた街でもあります。郊外でひとときを過ごす日帰り旅の拠点としても最適なロケーションを持ち、戻ってきたときにはもう1つのわが家に帰ってきたような安らぎを感じさせてくれます。街を出れば、すぐそこに豊かな自然が広がり、アウトドアの楽しみを求めて遠くに出かける必要はありません。セント・ジョン川で楽しむカヌー、カナダ最高の呼び声も高い新しいゴルフコース。約85kmのトレッキング・コースに挑戦するのも楽しみです。また、シーサイドが近いのも魅力です。ファンディ湾のアトラクションでは、海底散歩を旅のお土産話に。おしゃべりをしながらのんびり楽しむ山盛りのシーフード・ランチ、そしてその後の長い散歩。何をするにも、ゆっくり楽しく、それが東海岸のスタイルです。お子さま連れなら文化施設、EDventureで遊びながら学ぶのもよし、ビーチでピクニックをするのもよし。思い出に残るシーンに必ず出会えます。

アウトドア・アドベンチャー

・川沿いを約1.2kmにわたって走るサラマンカ・トレイルを自転車や徒歩で楽しめます。また、オデル公園に広がる1.7km²の原生林を探検することもできます。
・冬には暖かい服を着て、キラーニー湖やダウンタウンのオフィサーズ広場などでアイス・スケートを。夜のライトアップが美しいマクタクアック州立公園の池もおすすめ。マクタクアック・ロッジには温かい飲み物も用意されています。
・プロも訪れるフィッシング・スポットで、一緒にロッドを握り、心ゆくまで釣りを楽しみましょう。

街歩き

・街の近辺を散策しながら、GPSを使った宝探し「ジオキャッシング」に挑戦。必要なのはGPSとあなたの冒険心だけ。
・往年の街並みを再現したギャリソン歴史地区で、赤い制服の衛兵たちと肩を並べてタイムスリップ。
・英国の植民地時代からビクトリア様式まで、街に点在する多彩な時代や様式の建築物を探訪するのもおすすめです。
・キングス・ウッド・ゴルフは、一度訪れたら忘れることができない美しい風景が広がるゴルフコース。この18ホールでプレーすれば、スイングにもさらに磨きがかかるかも。

芸術&文化

・キングス・ランディング歴史村では、1800年代初頭のアトランティック・カナダの人々の暮らしについて知識を深めることができます。
・ギャリソン歴史地区では、毎年、ハーベスト・ジャズ&ブルース・フェスティバルが開催されます。
・ビーバーブルック美術館では、地元アーティストの作品を鑑賞することができます。

料理と飲み物

・お弁当を持ったら、屋根付き橋を渡って田舎道をドライブ。きれいな芝生から見る美しい風景はフレデリクトンのごちそうのひとつ。
・街のパブではビールを片手に、地元バンドの演奏を楽しんでは? 街でThe Snooty Fox、iRock、Nicky Zee’sなどの名前の店を見つけたら、楽しい夜になることうけあい。
・毎週土曜日に開かれるボイス・ファーマーズ・マーケット。地元農家の新鮮な農産物を試すチャンスです。

イベント&フェスティバル

・年に1度のNBスピリッツ・フェスティバル。世界に名だたるお酒の専門家から、プレミアム・ウィスキーやポート・ワイン、スコッチ、リキュールなどの情報を。
・ニュー・ブランズウィック・ハイランド・ゲームズは力自慢が競い合うお祭り。街中が食べて飲んで踊って盛り上がります。
・セント・メアリー先住民族旧保留地では、カナダの歴史を学ぶことができます。パウワウと呼ばれるお祭りでは、先住民マレシート族の人々とともに太鼓やダンス、ぜんまいとサーモンのごちそうを楽しめます。

天候&季節

・フレデリクトンの夏は戸外で過ごすためにあるといってもいい心地よさ。海岸近くに位置するため、夏は暖かいながらも暑くないのが特長。最高気温は20℃ぐらいです。
・秋、10月中旬には最高気温が1桁まで下がります。ジャケットなど上着をお忘れなく。
・ニュー・ブランズウィック州の冬は厳しく、年間降雪量は76~300cmを記録します。ぜひブーツやコート、帽子、手袋の用意を。
・春には気温が緩やかに上昇。雪解けとともに木の芽もふくらみ、街に数多く点在する公園でも遊べるようになります。4月下旬から5月上旬には気温も10℃台に上昇します。

旅行に適した時期

・11月から3月にかけては、整備された1,000kmのコースをスノーモービルで走ったり、スキーや凍った池でのアイス・スケート、スノー・チュービングなど、冬ならではの遊びが楽しめます。
・毎年春、メープルシロップの収穫が始まる時期になると、バードウォッチャーがこの州に集まってきます。
・6月から8月、水辺の輝きがまぶしい夏には、あちらこちらの公園でフェスティバルが開催されます。また、山はハイキング客で賑わい、ビーチでは海水浴が楽しめます。
・鮮やかな紅葉が始まる秋は、ハイキングやサイクリングにぴったり。目の前に広がる息をのむような絶景は、思わずシャッターを切りたくなる美しさです。
・ニュー・ブランズウィック州では年間を通じて多彩なフェスティバルやイベントが開催されます。これらに合わせて旅の計画を練ってはいかがでしょう。

現地までの交通手段

・フレデリクトンは、大西洋に面したニュー・ブランズウィック州の中央部。ファンディ湾からは車で1時間強です。
・ニュー・ブランズウィック州はカナダの東海岸にあり、車またはモンクトンまでは列車でアクセスできます。
・フレデリクトン国際空港(YFC)には主要都市への空の便が運航しています。
・州内は、車、飛行機、フェリー、バス、列車での移動が可能です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…
  2. カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…

ピックアップ記事

  1. 2017-8-18

    【オーロラが見えるあの土地へ】イヌヴィック

    概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…
  2. 2016-12-19

    カナダの気になる光熱費・通信費・食費は?

    カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…
ページ上部へ戻る