バンフ国立公園

概況

1885年に設立された、アルバータ州に位置するバンフ国立公園はカナダ最も歴史のある公園です。ロキ山脈(Rocky Mountain)にあるこの公園はカルガリーより180kmの距離があり、6641平方kmの山岳地帯も含まれています。境内には数多くの氷河があり、針葉樹の森林や、高山の景観も素晴らしいです。アイスフィールドパークウェイはルイーズ湖(Lake Louise)の北にあるジャスパー国立公園(Jasper National Park)につながっています。ヨホ国立公園と森で隣接して、南には区とね国立公園があり、そしてカナナスキス地方は南東にあります。
20世紀の初期ごろ、ちょうど第一次世界大戦と世界的経済恐慌の時期に、バンフには鉄道が設置されました。1960年代になって、公園の宿泊施設は年中開放され、毎年バンフに訪問する人の数がだんだん増加し、1990年に5000000人を超えました。そして、トランスカナダハイウェイを使ってバンフ地域を通過する人も何百万人と言われています。毎年3百万人の人が訪れることによって、バンフの生態システムが破壊されています。1990年代中間、人は公園の自然環境を守るために努力し、新しいルールや法律もこの時期に現れました。
バンフ国立公園は亜寒帯気候で、山地、亜高山、高山という三つのエコリージョンがあります。低いところはコントルタ松があり、高いところはトウヒがあります。森の上は堆積岩と雪になっています。バンフ国立公園には沢山の動物が生活しています。例えば、灰色熊、ピューマ、クズリ、ワプチ、ビッグホーン、ムース、そして鳥の種類は何百もあります。過去の何百万年に、氷河は何回もこの公園を覆うことがありましたが、現在雪や氷は限られた山の斜面に残っていて、一番大きい氷原はコロンビアアイスフィールドというところになっています。今私たちが見えるこの山の形は、何百万年の水と氷に侵食により、大地に刻まれたものです。

バンフ国立公園は北米地域に一番旅行者が多いところの一つで、毎年300万人以上の人がここに来ます。夏になったら、ほぼ51%の旅行者はカナダの各地からきて、そして31%の人はアメリカからきて、14%の人はヨーロッパからの旅行者になっております。毎年、バンフ国立公園は600万カナダドルの利益をもたらすことになっています。カナダ経済に大きな貢献をしています。
バンフ国立公園の面白いところは沢山あります。例えば、アッパー・ホット・スプリングスはとても有名で、この付近のホテルに27ホールスがあるゴルフコースがあります。温泉を楽しむことができるし、少し体を動かし、大自然の中に運動することもできます。スキーができる場所は三つあります、サンシャイン村、ルイ―ズ湖リゾートとマウント・ノークウェイ―・スキーリゾート。公園でのハイキングの旅行者に人気があります。他のアクティビティといえば、キャンプや、山登り、釣りなどもでき、馬に乗って走ることも可能です。


スポット

レイク・ルイ―ズ(Lake Louise)

レイク・ルイーズの付近には同じ名前をもつ村があります。1890年カナダ太平洋鉄道のステーションとして立ち上げましたが、湖でハイキングやスキーにきた旅行者はこの村落でもとても綺麗な景色が見えます。現在、ここはもうすでにカナダ一番人気なスポットとして有名です。
毎年の五月から九月まではルイーズ湖が一番忙しい時期です。夏に行きたいのなら、前もって計画して、余裕をもっていくほうが良いです。週末とカナダ休日には人が多いと思われるので、できればその日を避けたほうがゆっくりと楽しむことができそうです。5月19日から10月9日までの間に行くのなら、パークス・カナダ・シャトル(Park Canada Shuttle)が使えます。このシャトルはルイ―ズ湖という村も止まります。
レイク・ルイーズから南のほうに行き、モレーン・レイク・ロードを走ってみれば、レイク・モレーンに辿り着けます。このレイク・ルイーズ近郊になる標高1884mに位置する氷河湖は面積0.5平方kmです。湖の後方にはかつて20カナダドルの絵柄にも採用された「テンピークス」という10の頂があります。氷河の雪解け水によって形成されるモレーン湖は6月下旬まで満水にならないが、夏のバカンスシーズンにはターコイズブルーの非常に美しい湖水を満々とたたえ、多くの観光客の心を捉えています。この不思議なまでに青い湖は、雪解け水と一緒に流入する氷河によって削り取られた微細な土砂が湖水を浮遊し、光が屈折するためであると言われています。初心者向けの気軽な遊歩道がロックパイルトレイルであり総延長300m、高低差24mと手ごろな長さであるため多くの観光客が散策を楽しめます。またロックパイルトレイルの終点は写真撮影ポイントになっており、ここで記念写真を撮るのも観光客の間に流行っているレベルです。
フリーシャトルの運行時間に関しては、ここをチェックしてください。

 

サルファー山(Sulphur Mountain)

パンフからわずか10分の距離でアルファー山にたどり着きます。ゴンドラに乗り込めば山頂の展望台まで行けます。これは大パノラマを楽しめるところなのでとても人気があります。展望台からはもう一つの山頂があります。な和えはサンソン・ピークという山頂に遊歩道でつながっており、そこで歩いてみると、出てくるリスやビッグホーンシープと出会うこともよくあります。山頂にはカフェやレストランがあって、美しい景色を眺めながらお茶や食事をしながら、ゆっくり過ごしてみませんか。
商業のために、サルファー山あたりに二つの温泉が発展しました。一つはケイヴ・アンド・ベイスン国定史跡(Cave and Basin Naional Historic Site)、もう一つはバンフ・アッパー・ホット・スプリングス(Banff Upper Hot Springs)です。
この山は科学研究にとっても重要なところになっております。1903年、気象展望台がサンソン・ピークで建てられました。この展望台は今でも存在しており、旅行者はガラス戸で中の現状や素朴的な家具などを見ることができます。1956年と1957年ごろ、ここで小さな実験室が建てられました。人々はここで宇宙放射線の観察を行い、1978年まで使われていました。そしてこの実験室は1981年に他のところに引っ越ししました。現在、一つのプラークだけが残されていて、昔の物語を静かに語っています。

サルファー山GONDOLA


楽しみ

乗馬(Horseback Riding)

バンフ公園の中に、乗馬ができる場所が沢山ありますが、環境保護のため、乗馬しながらトレイルなどを散歩することができないところもあります。出発する前にしっかりと地図をチェックすることがおすすめです!
乗馬ができるところとできないところ
地図を見ながら、乗馬のできるところを確認しただけでなく、昼間だけに乗馬できる場所と夜でも乗馬できる場所がありますので、ご注意を。乗馬外出が許された一番長い期間は3日で、大きいなチームで外出するときには10人と一人2匹の動物が上限です。出発前に必要な許可を取得することを確認してください。

スキー(Ski)

バンフとレイク・ルイーズ地方には三つのスキーリゾートがあります。バンフ・サンシャイン・リゾート(Banff Sunshine)、レイク・ルイーズ・スキー・リゾート(The Lake Louise Ski Resort)とマウント・ノークウェイ(Mt Norquay)です。このアリアには綺麗な自然風景の中に野生動物の出没と、豊な地形が有名で、UNESCO世界遺産にも登録されています。これら山のリゾートはスキーもスノーボードもでき、アウトドアマニアにとっては冒険できるスペースです。思い出を作ろうとするファミリーでも、ロマンスを体験したいカップルでも、この風景の美しさに驚嘆しない人はいません。近くにある空港には北アメリカの沢山のところから直接のフライトがあります。空港に到着したら、車をレンタルして、自由に好きなスキーリゾートへ行きます。レイク・ルイーズはカナダ一のスキーリゾートと称するが、この三つのリゾートと合わせてみたら、世界レベルの大きな山地スキーリゾートになり、絶景に囲まれながら運動することができるので、多くにスキー愛好者が好きな場所になっています。

バードウオッチング(Bird Watching)

バードウオッチングは誰でも楽しめる運動なので、この公園でも気軽に行えます。バンフでは近い距離で鳥たちを見る機会があります。鳥だけでなく、他の野生動物も時々見えます。バンフ国立公園のヴィジターセンターには鳥のリストがおいてあります。バンフ国立公園で生活している鳥の種類は260種以上は確認されています。多くの鳥達は春と初夏に生産を行い、一番バードウオッチングをする時間帯は朝の9時~10時の頃になります。高山地帯と湿地には沢山の種類が見れます。

ハイキングトレイル(Hiking)

初心者向け

レイク・ルイーズ湖岸(Lake Louise Lakeshore)
長さ:2km(片道)
時間:約1時間(往復)
比較的に平坦なコースなので初心者でも気軽で楽しめます。レイク・ルイーズの水辺に歩くことができるので、レイク・ルイーズのリサーチにもぴったりで、湖近辺の植物や生きている動物たちの観察ができます。そして、トレイルの終わるところで、レイク・ルイーズに美しい色を持ってくれる小川も見えます。

ルイーズ・クリーク(Louise Creek)
長さ:2.8km(片道)
時間:約1.5時間(往復)
サムサンモール(the Samson Mall)駐車場から始まり、レイク・ルイーズの湖岸を超え、ボー・リヴァー(Bow River)の橋を渡ると、川の向こう側になるトレイルヘッドが見えます。このコースは少し森の中にも入っています。

モレーン湖岸(Moraine Lake Lakeshore)
長さ:1.5km(片道)
時間:やっく45分(往復)
レイク・ルイーズから14km遠いところに来たら、モレーン湖岸コースがそこで始まります。ここでハイキングすると、モレーン湖の美しい景色が見えるだけでなく、山地観察もできます。トレイルを沿っていけば、氷河のそうだな景色も楽しめます。

少しレベルアップ

プレーン・オブ・シックス・グラシアス(Plain of Six Glaciers)
長さ:5.3km(片道)
時間:4時間(往復)
山を登っていくと、高い頂と素晴らしい景色を発見します。奇妙な山と氷河との組み合わせはとても印象に残ります。気持ちを楽にしてゆっくりと一休みするお茶屋もあります。

レイク・アネット(Lake Annette)
長さ:5.7km(片道)
時間:約4時間(往復)
モレーン・レイク・ロードを沿って2.5km遠いところになります。道路の右側には駐車場があります。ここでハイキングすると見えるのが高山地帯の森、そして少し歩けば、レイク・アネットの風景も楽しめます。

上級者向け

サドルバック(Saddleback)
長さ:3.7km(片道)
時間:3~4時(往復)
レイク・ルイーズ湖岸のボートハウスから上のサドルバックへ上ると、魅力的な山とパラダイズのような渓谷が入れます。秋になると、周りにカラマツの木がとても美しくなるそうです。

より多くのハイキング情報はここを見てください。

スキューバダイビング(Scuba Diving)

ほとんどのスキューバダイビングはレイク・ミネワンカとツージャックレイクで行われています。レイク・ミネワンカは海面より1450mのところにあり、深さは100mです。可視性は違うシーズンによって変わり、同じところにダイビングをやっている人の人数によっても変わります。ダイビングの深さもシーズンによって違います。春から秋まではほぼ5.5mになります。
詳細はここを見てください。
一つ注意すべき点があります。レイクの水はカナダにとって重要な資源になりますので、旅行の時に環境に優しい行動をしましょう。

・その他の情報

バンフ国立公園パーク・カナダ

バンフ国立公園ウィキペディア

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…
  2. 概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…

バンクーバー天気予報

晴
Currently
雨の可能性
明日 10/23 70%
High 13° / Low 8°
だいたい曇
水曜 10/24 20%
High 13° / Low 9°
雨
木曜 10/25 90%
High 12° / Low 8°
雨の可能性
金曜 10/26 50%
High 12° / Low 7°
だいたい曇
土曜 10/27 10%
High 13° / Low 8°

ピックアップ記事

  1. 2017-8-18

    【オーロラが見えるあの土地へ】イヌヴィック

    概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…
  2. 2016-12-19

    カナダの気になる光熱費・通信費・食費は?

    カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…
ページ上部へ戻る