ファンディ湾

ファンディ湾の魅力

世界の海の七不思議に数えられ、ユネスコの生物圏保護区にも指定されているファンディ湾では、息を止めなくても海底を歩けます。つい6時間前には、そびえ立つ岩の頂上付近でカヤックのパドルを漕いでいたのに、今はその岩のふもとにいるなんて信じられますか?珍しい石や化石を探しながら今自分が歩いている濡れた地面よりも、14mも上に水面があったのです。でも、この場所に長くいることはできません。また6時間経てば、1000億トンの海水が世界最大級のビッグ・ウェーブを引き連れて湾に戻ってくるのです。この際、河口から逆流する海水が起こす「潮津波」の急流でラフティングすることもできます。ジェット・ボートに乗って湾内を渦巻く水流を体感してみてください。海岸線に沿って並ぶ2つの州では、どの村を訪れても、気さくな地元の人たちに出会えます。クジラの骨格を観察した後は、ニュー・ブランズウィック州のセント・ジョンで新鮮な白身魚のフィッシュ&チップスはいかがですか?ノバ・スコシア州側のスプリット岬に登れば、刻々と潮流が変化する湾の眺めを一望できます。宿泊は、マーガレッツビルのコテージへ。獲れたてのロブスターを味わうのも楽しみですが、干満差の大きな海辺に棲む野生動物にも注目です。もっと近くで野生動物を見るなら、どちらの州でも催行されている観察ツアーがおすすめ。運がよければ、12種類のクジラ、イルカのほか、ツノメドリやアホウドリ、アオサギなどの鳥類も見ることができます。カナダの東海岸の驚異の数々を目にすれば、母なる大自然の創造力に感嘆せずにはいられないでしょう。

アウトドア・アドベンチャー

・ホープウェル・ロックスのガイド・ツアーに参加して、海底を歩いてみましょう。
・ステアケース入江とシェポディ湾を目指すルートに沿って、「フラワーポット」と呼ばれる岩が立ち並ぶ海をガイドと一緒にカヤックで探検。
・Shubenacadie Tidal Bore Rafting Park and Cottagesで、潮津波の急流でラフティングに挑戦。
・カヤックに乗って大海原を体感。伝統的な漁場と現代的な漁場をガイドがご案内。ファンディ湾の海岸で食べる、燻製の魚とオーガニックの食材を使ったランチも付いています。
・Frommer’sの旅行ガイドで「カナダ随一の景観」と評されたエンレイジ岬で、ラペリングとシーカヤックを体験。

芸術&文化

・ガイド・ツアーに参加して、ニュー・ブランズウィック州の文化と自然を学べます。
・モンクトン大学のアカディアン博物館を訪れて、文化の歴史を探求できます。
・北米で最も古い入植地の1つ、ノバ・スコシア州のアナポリス・ロイヤルの歴史あるB&Bに宿泊。
・ニュー・ブランズウィック州の本土側の絶景を誇るエンレイジ岬では、1840年から働き続ける現役最古の灯台を見学できます。

料理と飲み物

・Hall’s Harbour Lobster Poundで獲れたてのロブスターを堪能。
・Saint John City Marketで、伝統の味、フィッシュ&チップスを堪能。
・名前の由来となったノバ・スコシア州のDigby(ディグビー)では、名物料理Digby Scallops(ホタテ貝のソテー)が味わえます。
・ノバ・スコシア州のアナポリス・バレー付近にある、地元のワイナリー探訪もおすすめ。

自然&野生動物

・Fundy Tide Runnersのツアーに参加して、ゾディアック™・ボートに乗ってホエール・ウォッチング。
・ジュラ紀の溶岩流が残る、湾内のグランド・マナン島を探検。
・地質観察ツアーに参加して、海底に眠る化石やゼオライト、半貴石を見つけましょう。
・ニュー・ブランズウィック博物館では、さまざまな種類の骨格標本を集めた、すばらしいHall of Great Whalesをお見逃しなく。
・Sackville Waterfowl Parkの、強い波が作り出した湿地帯や断崖でバードウォッチング。
・ウォーキングまたはハイキング。ニュー・ブランズウィック州のファンディ・トレイルや、ノバ・スコシア州のGlooscap Trail、距離の長いCape Split Trailに挑戦 (状況と安全について、現地の情報を必ず確認してください)。

天候&季節

・ファンディ湾周辺に春がくると(3月中旬)、凍てつく寒さが去り、快適な気候(10~14°C)になります。気温が上がるにつれて、海のツアーやアクティビティも多くなります。
・6月中旬から9月中旬頃までは、ファンディ湾全域で温暖な気候が続きます。7月と8月の日中の気温は18°C前後ですが、海沿いや海上はより涼しくなります。ファンディ湾でラフティングをするなら、この頃がベスト・シーズンです。
・9月半ばからは秋の気候になり、12月中旬まで次第に寒くなっていきます。秋の初めから中頃までは、無数の木々による見事な紅葉を楽しめます。
・冬は寒く、気温が氷点下になることもあります。

旅行に適した時期

・夏の暑い時期、特に7月~8月は、ラフティングやボートなど、湾でのマリン・アクティビティに絶好のシーズンです。
・湾内でクジラが見られるのは、通常6月~10月までです。
・秋の紅葉の季節には、自然が醸す見事な色合いに輝く風景を楽しめます。

現地までの交通手段

・ファンディ湾は、全長151kmに渡ってノバ・スコシア州とニュー・ブランズウィック州の間に広がっています。湾の入り口の幅は52kmです。
・この地域の主な空港は、ハリファックス・スタンフィールド国際空港(YHZ)、グレーター・モンクトン国際空港(YQM)、セント・ジョン空港(YSJ)です。セント・ジョン空港(YSJ)は、ボストンから車で約6時間です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…
  2. カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…

ピックアップ記事

  1. 2017-8-18

    【オーロラが見えるあの土地へ】イヌヴィック

    概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…
  2. 2016-12-19

    カナダの気になる光熱費・通信費・食費は?

    カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…
ページ上部へ戻る