カナダの治安って良い??

カナダは先進国の中では治安が良いと言われていますが、犯罪発生率(人口10万人当たりの犯罪認知件数)は日本の約5倍にものぼり、日本に比べれば決して治安がいい国とは言えないのかもしれません。ただし、カナダ人は比較的親日の人も多いですし、観光がしやすい国である事は間違えありません。カナダの観光を楽しみつつ、海外に来ているという意識を常に持ち、自分の身は自分で守るよう心掛けてください。特に注意して欲しいポイントをご案内します。


「スリと置引き」

空港やレストランやカフェなどでスリや置引きが多発しています。
特にレストランやカフェで、日本では当たり前の様にやってしまう「荷物で席を確保」これは絶対にNGです。カナダではほんの少しの間、足元や開いている隣の椅子に荷物を置いて勉強やおしゃべりをしていて目を離した隙ですら荷物が盗まれてしまいます。荷物は常に視界に入る所に置くように心がけ、貴重品は手元から離さないように携帯するようにしましょう。
空港では両替をしている所を陰で見ていて、大金を持った観光客を狙うスリやひったくりも多発しています。両替はカナダでした方がお得ではありますが一度の両替は小額に控え、日本円も含め現金をまとめて一つの場所に入れないような対策もした方がいいかもしれません。


「危険エリアと夜間」

カナダでは、道1つを挟んで急に危険なエリアに入ってしまう事があります。慣れない観光地でうっかり入ってしまい危険な目に合わない様に、事前に自分が行く場所の危険エリアの情報を調べ、危険エリアにはあらかじめ近づかないにしましょう。カナダの中でも特に危険と有名なのがバンクーバーの「ウエスト・ヘイスティングスストリート(West Hasthings Street)」というエリアです。おおまかに言うと、観光地で有名な「ギャスタウン」と「チャイナタウン」の間に位置しています。一日中ホームレスと薬物中毒者が大勢たむろしていて、薬で頭がおかしくなったような人が道に転がっていたり、薬物の売買をしていたり、薬物をやっている人がいる場所です。犯罪にまみれたエリアで本当に危険です。かなり大きな通りなので路線バスも普通に通っていますが、バスに乗っていても時に身の危険を感じる事があります。近づかないのが一番ですが、どうしてもその路線のバスに乗らなければならない時は十分に注意してください。
危険危険と言いながら、ヘイスティングスに近い「ギャスタウン」は「ウォーターフロント」からスチームクロックを通り「ギャッシーという人型の銅像」までは観光客も多い素敵な観光スポットになっていますのでオススメです。危険エリアを理解した上で是非行ってみてください。
また、夜の一人歩きはもちろん危険です。基本は日本と同じで、人気の無い公園や、繁華街などは危険が高まります。見知らぬ外国人に優しく声をかけられても簡単には信用しないようにして下さい。移動は路線バスやタクシーなどの乗り物を極力使いましょう。カナダは同性愛者も多く、男性であっても性犯罪の対象になりかねませんので念頭に入れておいて下さい。


「麻薬と薬物」

街で歩いていると麻薬特有の嗅ぎなれない匂いがする事があります。カナダでは、麻薬(マリファナ)を歩きたばこの様に吸いながら歩いていたり、公園で堂々と吸っているカップルも良く見かけます。興味本位で近づいたり、手を出さないようにしてください。麻薬中毒者の集まる公園やカフェのトイレ、バスのシートなどには使用済みの注射器が落ちている事もあり、誤って注射針に触れてしまう事故も起きています。薬物中毒者の中にはHIVのような感染症にかかってることも多く、誤って注射針に触れてしまって感染する事の無いように、周りをよく確認してから座るようにしたり、公園やトイレのごみ箱も何が入っているかわからないので注意した方がいかもしれません。


「ホームレス」

日本よりホームレスは多いと思います。町のいたる所にいますし、意外にもすごく若い人や女性の姿なども見かけます。日本の様にただじっと座っているだけという感じではなく、小さなコップを手にして「食べ物をお金を集めています」と言ってきたり、ボードを手にして近づいてきます。ホームレスに襲われるような事件はあまり起きていないようですが、気を付けるに越したことはなさそうです。


「銃」

銃は厳しく規制されていて、銃の購入には許可証(ライセンス)が必要な為、日常生活においては銃を意識するようなこともありません。カナダで銃を持っている場合は、ハンティングを趣味にしていたり競技目的のために所持している事がほとんどです。ただし、米国と国境を接している事もあり、銃の密輸が後を絶たず、銃器を使用した強盗等も増加傾向にあるのも事実です。ギャング絡みの発砲・暴力事件や在留邦人が銃器で脅された被害も発生しているので、万が一、強盗等の犯人に遭遇した場合には、相手が銃器を所持している可能性が十分にあること頭に入れて、抵抗するのはやめましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…
  2. 概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…

ピックアップ記事

  1. 2017-8-18

    【オーロラが見えるあの土地へ】イヌヴィック

    概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…
  2. 2016-12-19

    カナダの気になる光熱費・通信費・食費は?

    カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…
ページ上部へ戻る