カナダの電話のかけ方・インターネット事情

【市内電話】

公衆電話から市内へ電話をかける場合は、通話時間に関係なく料金は一律50セントです。カナダの市内電話は、3桁の市外局番(エリアコード)と7桁ローカルナンバーで表示(例:888‐888-8888)されていますので、お金を投入し10桁の番号をダイヤルすればかけられます。固定電話からの市内通話料金は、月々の電話料の基本代金に含まれているため、通話料はかかりません。
オペレーター対応はダイヤル「0」。市内電話番号案内は「411」。緊急時の警察・消防・救急車への連絡は「911」へダイヤルします。

【公衆電話】
カナダの公衆電話は、空港、バス停、ホテル、ショッピングモール、街頭などに設置されています。多くの公衆電話はテレフォンカードやクレジットカードが利用できて、市内通話は「3分あたり25~35セント」。

【長距離電話】
北米内市外電話をする場合は、はじめに「1」を押してから、3桁の市外局番と7桁のローカルナンバーをダイヤルします。
長距離電話の電話番号案内は「1」+エリアコード+「888-8888」まで。公衆電話から無料でかけられます。


【国際電話】
カナダ→日本
はじめに「011」(国際電話識別番号)+「81」(日本の国番号)をダイヤルして、その後に市外局番(最初の「0」を除く)と相手先の電話番号をダイヤルします。例:日本のAさんの携帯に電話する→Aさんの携帯が080‐8888‐8888→011+81+8088888888をダイヤル
日本→カナダ
はじめに「010」(国際識別番号)+「1」(カナダの国番号)+相手先の電話番号をダイヤルするのが基本ですが、一般的な固定電話からの場合、NTTコミュニケーションズは頭に「0033」、KDDIは「001」、ソフトバンクテレコムは「0061」を入力します。また通常の固定電話を含め「IP電話」や「格安国際電話仲介業者」、「携帯電話」等、契約している電話会社又は仲介する電話会社によってかけ方、料金が異なるため確認が必要です。


【携帯電話】
日本とカナダの携帯電話には下記のような違いがあります。
・着信・発信共に料金が発生する
・キャリア(携帯会社)によって利用できるエリアが違う
・カナダ国内でも、管轄のエリア外への発信はロング・ディスタンス(長距離)通話となる
・基本料金の他に別途 System Access Fee や 911 fee がかかる
・キャリアごとにメールアドレスがなく、代わりに電話番号を宛先に入れる
・プランによって夜や週末などの時間帯で無制限通話ができる
・インターネット(データー通信)が沢山使えない

カナダの携帯電話のカバーエリアは機種や電話会社との契約内容によって異なります。

・Province-wide calling・エリア内通話(契約した州内。バンクーバーで契約したらBC州内)
・ Long distance calling・カナダ内遠距離通話(エリア外と通話する際)
・ International calling・国際電話(アメリカとそれ以外の国に通話する際)
・ Roaming・エリア外通話(自分が使えるエリア外で電話をすると、別代金を請求されます。)

また契約期間は2年契約や月契約、プリペイド契約があります。滞在期間が1年未満の滞在のワーキングホリデーや短期滞在の方にはお得な2年契約は不向きなので、月契約もしくはプリペイド契約がオススメです。だたし、月契約はSIMロックを解除した携帯端末※1を持ち込むか、携帯端末代金を一括で支払わなければ契約出来ない事と身分証の提示・カナダ国内の住所の提示が必要になるので、プリペイド契約が多少割高でもコンビニやドラックストアなどで簡単に購入出来て、面倒な契約手続きも不要で使い易いのかもしれません。

料金プランはシンプル。複数年・月契約のプランは、基本的に「平日の平日夜間(6:00pm ~ 7:00am)、週末(金曜6:00pm ~ 月曜7:00am)は通話無料。それ以外の時間帯は、無料通話時間が○分付いていて、無料通話を越えたら○¢/分で課金されるプラン」か「通話無制限のプラン」がほとんどです。プリペイド契約の場合は使った分だけ支払うが基本ですが、最近は月額使用料を支払うだけで使い放題になるものや月契約と同じように無料通話などが付くプランもあるようです。
通話無料の対象は下記に分かれています。

・Local(市内通話が対象)
・Provincial-wide(州内通話が対象)
・Canada-wide又はNation-wide(カナダ国内が対象)

国土が広いカナダなので「通話無料」と言っても対象となる地域が異なるので注意して下さい。
データ通信プランは日本と同じようにデータ通信量(GB単位)ごとに金額が異なります。1GB増すごとに10ドル高くなる事が多いです。

※1日本国内向けに販売された携帯端末によっては通信方式(HSPA+、GSMなど)が対応しておらず通信できない場合があるので注意が必要です。LTEに関しても日本とカナダでは異なる周波数を使用しているため、日本国内向けに販売されたスマートフォンではLTEは利用できない可能性は高いです。詳細は端末の仕様を確認しましょう。なお、iPhoneの場合、特に心配する必要はありません

最後に・・。日本の携帯電話会社でも国際ローミングサービスを提供しているので、機種によっては日本国内で利用している携帯電話をそのままカナダで利用することも可能です。契約している携帯電話会社に連絡して、国際ローミングサービス適用範囲と現在利用している携帯電話がカナダで利用できるか確認して下さい。ただし一般的に国際ローミングは、莫大な料金がかかる事が多いので、長期滞在を検討している方は利用の際には注意が必要です。


【インターネット】

カナダでは、ほとんどの都市に無線LAN回線を導入しているカフェがあり、パスワードがある所と無い所があるので、パスワードが分からなければ店員さんに尋ねると教えてくれます。ホテルでは宿泊者のためのインターネット利用スペースや客室に無線LAN回線を導入しているほか、公共図書館でも会員登録すれば無料で利用できます。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…
  2. 概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…

ピックアップ記事

  1. 2017-8-18

    【オーロラが見えるあの土地へ】イヌヴィック

    概況 イヌヴィック(Inuvik)はカナダノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町で、北…
  2. 2016-12-19

    カナダの気になる光熱費・通信費・食費は?

    カナダの光熱費、インターネット料金、物価について:1999年~2002年頃のカナダの光熱費は、一般的…
ページ上部へ戻る